灰バンカ装
 
  ・装置概要  主な特徴・用途
◎灰バンカ装置の概要

灰バンカ は、償却灰を一旦貯留しておき、満杯になったら引取トラックに積載搬出するため
バンカを開いて積込みます。
トラックに灰がいっぱいになったらバンカを閉じます。
シリダーにて開閉する方式です。
下記説明写真では各種灰はブリッジ現象が起きないよう
灰の貯留切り出しは一般的にこの様なバンカはホッパーを利用します。 













◎主な特徴・用途
<特徴>
 もみ殻・木質チップ・オガクズ・建築廃材・カンナクズ・ペレット等の灰は
 搬送物ブリッジはほとんどありません。
<用途>
 もみ殻連続.炭化装置・各種ボイラー、ロータリーキルン、各種暖房装置、貯蓄層、搬送分配器等
 その他さまざまな用途に活用できます。

       






inserted by FC2 system